Vegetarian No More

簡単・シンプル・太らない毎日ごはんの記録

Category [Health ] 記事一覧

ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの症状が出たら

寒くなってから悪化したアトピー。もともと軽症なのでこれだけひどくなったのは8年ぶりくらい。今年の冬は10年ぶりの寒さというのも関係ありそうだけど、今回の悪化の原因を考察してみたら、普通の石鹸を使ったことが発端みたい。先月はじめにメルボルンに行ったときも使ったし、ケアンズに行ったときも使った。自宅では絶対に使わないのになんで使ったのか分からない。

敏感肌用のボディーソープを持っていかなかったから置いてあった石鹸を使ったんだけど思うけど、全く何を考えていたのか。石鹸を使うよりお湯で流すだけの方がずっとマシなの知ってるのになんで。。特に空気が乾燥している冬、アトピー肌には皮脂を取ってしまう雑菌だらけの石鹸は最悪なチョイスでした。

今回の症状は背中がメインで、ケアンズでは背中もしっかり石鹸で洗っていた。。かゆみの原因は雑菌と思い込んでいたけど、乾燥だったんだと思う。そして石鹸で洗ってしまったお肌は普段よりずっとバリア機能が低くなって超超敏感な状態に。旅行中ブラトップをしたまま寝たらゴムにかぶれるし、酸性の温泉の素を使ったらカッサカサ砂漠状態になり、もう何を使っても反応してしまうダメダメな状態に。。こんな時でもワセリンだけは大丈夫なので頼りにしてます。薄く塗って、こまめに塗りなおすようにすればベタつかない。今はステロイド入りのクリームを使って夜間の痒みも落ちついてます。まだ全快ではないけど。

医者が勧める豪州産敏感肌用スキンケアで有名なQVシリーズ。保湿剤、バスオイルも数種類試したけど赤くなるので合わなかったみたい。結局、よく効くのはステロイドしかない。痒みの強い時はステロイドを迷わず使う。かくと永遠に治らないから。アトピーの痒みは我慢できる痒みじゃないし、寝ている間に無意識でかいてるので。

市販の保湿剤は肌に合わず使わないものが増えていくばかりなのでなるべく原材料のシンプルなものがいいのかなと思ってます。ココナッツオイルだけだと保湿が不十分で、ホホバオイルは顔につけると赤くなるので体だけです。顔は特に敏感で赤くなると目立つので怖くてワセリンしかつけられてないです。


今回アトピーの症状が出てからしたこと
  • 肌に触れる衣服を綿100%に変えた
  • パジャマを着て寝る
  • 毎日洗濯する
  • 洗剤を敏感肌用に変えた
  • お酒を止めた (呑みたい時は二口まで)
  • 大掃除でほこり対策
  • 寝室は毎日掃除機をかける
  • 爪をできるだけ短くしておく(爪やすりを使う)
  • 毎日運動する
  • フラックスシードオイル/フィッシュオイルのサプリ摂取
  • エプサムソルト風呂/塩風呂に入る
  • 炎症にはステロイドを使う
  • 1日2回は全身保湿する
  • 痒くなることをしない
  • シーツ・タオルは2~3日に1回は交換する



*追記

豪州のdermezeは市販の保湿剤でワセリンより伸びがよく使いやすい。多すぎるとテカテカするけど顔に塗っても反応なしでした。

米産のceraveはセラミド入りなのでアマゾンで購入してみました。1週間で届いたので国内通販とあまり変わらない。つけた感じはサラサラで良いのですが、シャワー浴びる時ぬるぬるします。それだけ長時間バリア機能を果たしてくれているということですが、お湯だけでぬるぬるを全部落とそうとするとシャワーに時間がかかるのが難点。ボディーソープを使えば早いかな。アトピーが完全に引っ込んだら試してみます。

*追追記
ceraveですが、夜は全身に、朝は顔と体は乾燥が気になる部分だけ使うようにするとシャワーする時のぬるぬるがマシで短時間ですみます。

アトピーと食事


今までも何度か書いているように私はアトピーと潰瘍性大腸炎(UC)を抱えています。潰瘍性大腸炎はお肉を食べるようになったここ1年症状がでていなくて、あと1年症状が出なかったら完治だよ~っとドクターからも言われています。完治しない病気だから一生薬を使って症状を抑えるしかないよって言ってのにね。

アトピーは軽症ですが、以前は頭皮に出ていたのが冬だからか顔や体に出てきた感じです。赤くカサカサになったり、掻き傷がかさぶたになったり、色素沈着などは目立つのでとっても気になります。つるつるたまご肌には一生なれない(涙)。

アトピーは時にものすごく痒くて、掻かなければひどくならないけど、掻かずにはいられず、寝ている間に搔き壊してしまって自己嫌悪に陥ったりする、本当に本当に最悪な疾患です。

掻いちゃだめ!!って言われてもこの気が狂いそうな痒みはアトピーの人にしか分からない感覚でしょうね。でも痒くなくても痒い気がしたり、常習的に掻いてしまうこともあるのでそれは気をつけないといけない。

ひどい痒みの原因は黄色ブドウ球菌の繁殖が多いらしいのでブリーチを50~90mlくらい入れたブリーチ風呂に20分ほど入ると良いみたい。週2-3回まで。でもまだ怖くてやったことない。今は市販の黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える効果のあるバスオイルを使ってます。

今冬は例年より寒いからかけっこう症状が出ていて重症化させたくないので、まず食生活を見直してみました。アトピーには肉、油脂は絶対だめ。卵、牛乳、発酵させてない大豆もだめ。白米、玄米、小麦粉もだめ。良いのはオメガ3が豊富な魚。青魚はダメっていうのが定説みたい。

食べられるのは主に白身魚と野菜のみ。う~ん。なかなか難しいです。

でも思った。私は15年以上フィッシュベジタリアンで油脂も太るからと避けてきたけどアトピーは時々でてきてた。けっこうひどかった時期もあった。UCにもなった。お肉を食べ始めてから急にアトピーが出てきたわけじゃない。そう考えると食生活とアトピーってあまり関係ないんじゃ?

結局は生まれつき敏感肌で、バリア機能が弱く、外部要因に自分の免疫システムが過剰反応してしまうのが原因ならやっぱり食べ物って関係ないんじゃ?もちろん添加物入りの市販品やインスタント食品は絶対によくないけど、一般食材までダメダメ!っていうのはどうなの。食物アレルギーだってほんの微量から慣らしていけば克服できるものなんだし。たんぱく質不足では壊れたお肌を治せないでしょ。

最近ようやっとアトピーには食生活以外の方が影響あるんじゃないかと初めて考えるようになりました。

アトピーの症状がでたらすぐ、何か悪いもの食べたっけ?って考えてたけどその他に何したっけ?お風呂は何の入浴剤?新しい化粧品使った?洗剤は?洋服は?などなど症状の出た患部に触れたものすべてを考える必要があります。そしてトリガーを探し続けることがとても大事みたいです。

いろいろ考えると、小食、断食、食べない生活に行き着くのね。。

強い痒みが出て掻きこわしてしまうのが恐くて今は何も食べたくないです。

風邪の時

今年二度目の風邪です。頭痛、鼻水、喉痛、だるさ。私の風邪は鼻にくることが多いですが、今回のは主に頭痛です。シドニーは人が多いから風邪もひきやすいのかな?電車で隣に座った人が鼻すすってたからたぶんそれです。

前回は旦那さんがひろってきたのが移って、旅行中だったので薬をたくさん飲んで症状を抑えたのだけど、今回はたっぷりの水分(白湯)とフルーツのビタミンC、鼻うがいで治すつもりです。

ぬるま湯に塩を溶かして鼻からすすって入れて口から出す鼻うがいはすごいよー。すっきりします。鼻づまりの頭がボ~っとするのにも効果あります。花粉症にもいいらしい。塩が少ないと痛いからね。口に含むと塩気を感じるくらい。

回復するまで食欲でないので、特に無理して食べない。フルーツだけ。オレンジ 、みかん、苺、林檎、洋梨、バナナ。苺はレモンよりビタミンCが多いんだって。蜂蜜レモン湯は旦那さんの得意技。

温かいものが食べたくなったらレトルトのスープ(キャンプ用、非常用に買ってあった)。旦那さんは残りものかテイクアウェイしてもらう。何か食べないとダメ~って言うからスクランブルエッグを作ってもらった。消化がよくて栄養たっぷり。

頭痛は肩と首のマッサージでだいぶ楽になりました。バンテリン?みたいなスースーカッカッするやつでマッサージしてもらった。

帰宅時のうがい、手洗い、大事ですね。旦那さんに感謝。

大腸カメラ体験レポ Pt.3

オーストラリアで大腸カメラ体験レポ Pt.2からの続き


【検査当日】

私の大腸カメラの予約は12時半でした。

  • 朝7時半からColonlytely(腸の壁をきれいにする薬)を1Lの水に溶かしたものを1時間かけて飲みはじめる。
  • 冷たい方が飲みやすいので前夜に作って冷蔵庫に入れておく人もいるとナースのおばちゃんが言ってた。けど私は朝作って冷凍庫に入れました。
  • 味はちょっとしょっぱくて苦みのあるレモン水。前日の下剤より飲みにくい。
  • トイレに行くと両方からシャー。

  • 10時半に水を数杯飲んでその後絶食。

12時半病院着。

受付をすませて待つ。
ベッドに案内される。患者服に着替えて待つ。
ドクターがベッドに来て検査の説明をしてくれる。書類にサインする。若いちょいイケメンで嬉しいんだか何だかな。。

14時頃に検査室にベッドのまま連れて行かれる。ナースの皆さん、世間話で盛り上がっていてオージーらしいカジュアルなフインキに安心する。酸素マスクを装着。インド人ナースのおばちゃんにとっても癒される。女神?ってオーラを発していた。

ドクターが麻酔用の針を腕に刺す。薬を入れているのをまじまじと見たのを最後、記憶がとぶ。


ナースのおしゃべりで意識が戻る。血圧と脈拍測るのはつながったまま。。まだ眠いのでしばらく目をつぶったまま。。目を開けたら16時。ナースのおばちゃんが飲み物とサンドイッチいる?って。お水とサンドイッチを頂く。おいしかった♪

着替えたら、ドクターが説明に来た。検査は30分程度で終わって、結果も深刻そうではない。3ヶ月も待たせるからだいぶ自己治癒しちゃった感あり。まったくー。写真付のレポートを受け取る。

ベッドからソファに移動したら、旦那さんが迎えに来た。ドクターが再度説明してくれる。まだ少しふらふらで帰宅♪


とまあ、こんな感じでした。日本と違うのは麻酔をすることくらいかな。。
精神的なものが大きいだろうけど食事制限で力がでないのがつらかったです。へろへろでした。
終わった今、つまみ食いのおいしいことっ♪

ちなみに検査代金は$268.60(約2万5千円)でした。
メディケア(国民健康保険みたいなもの)で全額カバーされるので必要なのは下剤代の13ドルのみでした。

おしまい

大腸カメラ体験レポ Pt.2

オーストラリアで大腸カメラ体験レポ Pt.1の続き

【検査1日前】

  • くもっていない液体のみの食事をする

食べていいもの
水、フルーツジュース(りんご、加工品)、スープ(濾したもの)、Bonox(ビーフエキス)、ソフトドリンク、紅茶&コーヒー(砂糖可、ミルク不可)、ゼリー(赤と緑色以外、腸が染まってしまうため)、iceblocks(味のついた氷?)、 Cordial(水で薄めて飲むジュース)

食べてはいけないもの
上記以外


  • 私の食事
朝:水
昼:ピーチティー(市販)
おやつ:りんごと洋ナシジュース(市販)
夜:りんごジュース(市販)、水


  • 下剤を飲む
午後3時と7時に250MLの水に溶かした下剤(Picolax)を飲む。
水に溶かす時、最初だけ炭酸がシュワシュワすごいので大きめのジャグで作らないとあふれる(旦那さんがやった)。
味はレモネードって感じで飲みやすい。


  • 考察
  • 数種類のジュースを用意しておくと丸1日飽きずに飲めると思います。Preshafruit買っといてよかった♪
  • それでも透明なジュースっていうとどうしてもりんごベースになるので最後の方は飽きてきて、水でおなか空っぽ感を緩和させてました。
  • 下剤を飲んでちょうど1時間後にトイレにGO!でした。下剤は初めてだったけど、思ったよりマイルドでした。1-2回出したらおしまいって感じだし。
  • 2回目の下剤の後はもう固形物は出なくてシャーって。


大腸カメラ体験レポ Pt.1

私、house catは産まれて初めて大腸カメラをすることになったので書きます♪

この体験レポートは今後オーストラリアで大腸カメラをしないといけなくてちょっとびびってる方、オーストラリアの大腸カメラ事情に興味のある皆様へ捧げます。

まず、私はこのサービスを受けるために3ヶ月待ったので、思い当たるふしのある方はなるべく早くGP(かかりつけ医)へ行くことをおすすめします。

大腸カメラのことは英語でColonoscopy(コロノスコピー)といいます。


【検査1週間前】

  • 病院へ行って説明を受ける。近所の薬局で指定された薬を買う。処方箋なしで買えます。

    Picolax × 2 (下剤)
    Colonlytely × 1 (腸の壁をきれいにする薬、レモン味が飲みやすい)

    合計13ドル(約1300円)


【検査2日前】

  • 低繊維質の食事をする

食べていいもの
全粒粉不使用のクラッカー(ビスケット)、パン、白米、パスタ、麺、卵、ハム(チキン&ターキー、皮なし)、フルーツジュース(濾したもの)、スープ(濾したもの)、ゼリー(赤と緑色以外、腸が染まってしまうため)、はちみつ、ベジマイト、砂糖、塩、魚

食べてはいけないもの
野菜、果物、バター(マーガリン、油)、全粒パン(クラッカー)、肉(赤身)、ナッツ(種)、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)


  • 私の食事
朝: 水
昼: 冷凍白身魚フィレット、スクランブルエッグ
おやつ: 市販のりんごジュース、はちみつ
夜: ツナと卵のパスタ


  • 考察
冷凍魚の衣とツナ缶に油分が含まれているけど見ないことにしました。
何でも食べられないって悲しいけど、いつもと正反対の食事がなんだか楽しかった。



カレンダー

プロフィール

house cat

Author:house cat

LINK FREE

オーストラリア永住組。
シドニー在住。

野菜大好きな私と肉食オージー旦那さまの2人暮らし。

元ヴィーガン。現在はローカーボを意識しつつ何でも食べる雑食ですがフルーツは欠かせない。

アトピー体質。かゆくなるので加工食品、化学調味料に頼らない。シャンプーしないお湯シャン派。

体の声に耳をすませて、心身ともに健康を持続できるライフスタイルを常に模索中。

初物マンゴーの季節です

ツイッターはじめました

Read This Blog in English Here

ランキング

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
同トピックのブログがたくさん!

検索

Maukie the Cat

新着記事

レシピブログ

house cat にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

シドニーの天気

リンク

楽天さん

過去記事

いらっしゃいませ

ねこ時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。